リクルート リクルート

CLOSE

HELP

記事を読めば読むほど旅人レベルが上っていきます。新着投稿をお楽しみに!

読み終わった記事数に応じて旅が進んでいきます。ゴールにたどり着くまで目的地は秘密です。

画面の左右にある矢印を押すとで通過した場所を見返すことができます。

読み終わった記事はサムネイルにリングが表示されます。

CLOSE

記事を読んでレベルを上げよう!

リクルート 2019.02.01

25 宿研社員の試行錯誤


あっという間に1月も終わりますね。

皆さん、就活に向けて本格始動し始めた頃でしょうか??

宿研のインターンシップも1月後半から2月まで満員状態です。ありがたい!

せっかく来てくれるのだから、学生さんにとってためになる内容にしたいと採用プロジェクトメンバーは日々悩んでおります。どんなワークの内容がいいだろうか?会社の説明は分かりやすいか?回数を重ね、より良い内容に改良しています。

 

そんな採用PJメンバーへインタビュー。

森「メンバーの皆さん、インターンシップを設計して、実施してみて・・・ぶっちゃけどうですか?

 

井「インターンという短い時間の中で宿研を知ってもらい、そして何よりも参加していただく皆さんに『楽しかった!』と思っていただけるよう設計するということが難しくもあり面白くもありました。『楽しい』の基準は何か、などPJメンバーと議論しながら進め、実際に参加されたみなさんからの反応を得ることで自分にはない観点・感性に出会い、私自身とても刺激的でした。」

 

森「楽しい!って単純なことだけど、宿研がやってる仕事の一部をただワークにするだけでは作業になっちゃうからつまんないし。一連の仕事の中で、楽しいのポイントって何だったっけって何度も考えましたね。」

 

八「そうですね。よくわからない業種のよくわからない会社がどんなミッションを持ってどんな仕事をしているか、ワークショップという形に落とし込むのが大変でした。1人のビジネスパーソンとして、あらためて自社の存在意義を見直す機会にもなりました。」

 

森「八坂さん、マジメ・・・。確かに、宿屋ってみんな違って、いろんないいとこがあって、いろんな悩みもあって。だから宿研がやるべきことってほんとに幅広く多岐にわたっていて、宿研の仕事ってこんなに奥深かったって私も改めて感じました。」

 

辻「宿研のサービスの一つであるプラン作成をとっても、プランの作成をするときどんなことが必要かをを改めて考える良い機会になってます。ワークで皆さんが出している意見をとても新鮮に感じることも多々あります。私が就職活動をしていた時とは色んなことが変わっているので、学生のみなさんに刺激をもらっています!」

 

森「うんうん。そのフレーズいただきます!って思うこともたくさんありますよね。こんな風に、宿研が今まで積み上げてきたノウハウに新しい考えをミックスできたらなんだか楽しいことが起こりそうでワクワクします。」

採用プロジェクトメンバーの声を聴いて、私も含めみんなインターンシップを通してたくさん気づきを得て成長している実感が湧きました。いつまでも新しい事を見つけて成長できるっていいな。