秘めた情熱は社内イチ!システム企画室スタッフにインタビュー ‐後編‐

秘めた情熱は社内イチ!システム企画室スタッフにインタビュー ‐後編‐

PCの不調で困ったときにはすぐに飛んできてくれる宿研の修理工、システム企画室。

オフィスの一番奥にあるデスクではどんな仕事をしているのか気になる、、ということでシステム企画室5年目のスタッフインタビューの後半戦です!

元客先常駐のシステム会社に勤務していました。

4. 心がけていることは?

ユーザー(宿研スタッフ)が使いやすく、意味を持っているものを作ること。要望があったからそのまま作るのではなく、「こうなったときはどうします?」「こうしたほうがいいんじゃないですか?」と提案したり。スタッフから出る意見は部署(の視点)に偏っていることもあるから、いろんな部署から話をもらう側として(将来的な問題を)事前につぶしていく、ということは意識しています。

 

5. 今までで特に記憶に残る取り組みはありますか?

運用スタッフの負担になっていた作業中心の業務の手間を削減したこと。スタッフからは空いた時間で他のことができるようになったとの声もありました。入社して2年半の時の初めての大きなイベントといえば、宿研のシステムと某海外宿泊予約サイトとのシステム連携※も。(システム連携に使う)マニュアルも英語だったので、グーグルで翻訳しながら、日本語がわかるサイト側のスタッフとやり取りしながら進めました。

 

※宿研では、宿泊サイトに掲載する部屋の数・料金・写真等を一元管理できるシステム「宿研サイトコントローラー」を提供しています。

 

6. 新卒社員に期待していることは?

「チャレンジする意欲」ですね。システムって引き継いだからできるではなくて、学んでいかないといけないし、それがないと成長しないですね。やる気があればできると思いますよ。

 

(担当:舩山)

チームカテゴリの最新記事